日々是好日 カメラ日和 撮影挑戦記 お散歩日記 
デジイチ初心者が本能の赴くままに写真を愉しむ、成長(予定)記録です。
--.--.-- --  Edit
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.04.29 Mon  Edit
江戸東京博物館でお散歩デジイチ、後編です。
宜しければ前編とあわせてお楽しみください。


さて、浅草寺から徒歩約20分、ついに江戸東京博物館にやって参りました。
私この博物館大好きでして、一人で来るのはこれが四回目です。


江戸の街並み

だってこんなミニチュアがいっぱいあるんですよ。
江戸の街並みも明治の街並みも、全部ミニチュアで再現されているんですよ。

ミニチュア以外にも江戸時代の長屋風景とか戦前の家庭の居間とか、実物大で再現されていて毎回ワクワクします。
展示資料も江戸時代から明治大正、昭和初期、戦中戦後と豊富で、じっくり見るとかなり見ごたえアリです。


行き交う

文明開化

人形たちは動作も表情も豊かで、どんな事を話しているんだろうなんて想像すると楽しくて仕方ありません。


花魁「揚巻」

助六、実は曽我五郎

歌舞伎の「助六」の一場面を再現した一角は、等身大の人形たちの表情がリアルで綺麗で、見ているとドキドキしてきます。
あと、この花魁のお人形を見ていると元宝塚トップスターの春野寿美礼さんを思い出します、何故か。


江戸時代も明治・大正時代も満喫して、戦中の資料には少し胸が苦しくなったりもして、一人でのんびり三時間、ちょっと居すぎなんじゃないかってくらい隅々まで見学して参りました。

帰りは両国駅近くのコーヒー屋さんでちょっと休憩して、隅田川沿いに今度は上野方面へ戻ります。


蔵前橋

見事なまでの黄色っぷりに思わず渡ってしまった蔵前橋。
橋の上で振り返ったらスカイツリーも見えました。

この日もかなり長時間のお散歩デジイチでしたが、最初から最後までワクワク過ごす事ができました。
やっぱり暖かいと歩いているだけでも楽しいですね。

まだまだ行きたいところが沢山あります。
さあ、次回はどこへ行こうか。

関連記事
スポンサーサイト
2013.04.29 Mon  Edit
鉄道博物館に行った二日後、今度は江戸東京博物館に行ってしまいました。

江戸東京博物館は両国駅の近くですが、この日は上野駅で下車。
先に浅草方面へと足を延ばしました。


枝垂桜と五重塔

雷門側からではなく花やしき側から浅草寺に向かうと本堂裏手に九代目市川團十郎像があるのですが、そこから五重塔を振り向いたら僅かに残った枝垂桜が。
流石にもう桜は見れないだろうなぁと思っていたのですが、これは嬉しい発見でした。


朱

浅草寺は既に何度かカメラを持って乗り込んでいるのですが、なかなか自分でイイなと思える写真が撮れません。
……が、「つうかそもそも観光地なんだから観光写真でイイんじゃないの?」と開き直れるくらいには悟りを開けた模様です。
変にカッコ付けているより、素直に撮る方が楽しいですもん。


龍

平日で人が少ないのをイイことに雷門の提灯下に潜り込んでみたら、こんなカッコイイ木彫りの龍が。
普通に通るだけでは気付けない所にも素敵なモノって沢山あるんですよね。
こういう発見こそお散歩デジイチの醍醐味でございます。


写真撮ってお詣りして仲見世でお団子食べてと普通に観光客を満喫し、隅田川沿いに両国方面へと向かうことにしました。

いよいよタイトルコール(?)の江戸東京博物館に潜入です。
今回そんなに写真も多くなさそうだし前編後編に分けなくてもイイかなぁと思っていたんですが、かと言って一回に纏めるとちょっと写真が多くなりそうだったのでやっぱり二回に分けます。
後編は江戸東京博物館のミニチュア模型やら歌舞伎の一場面やら、そのあたりをご紹介したいと思っております。

宜しければそちらもお付き合いください。

関連記事
2013.04.20 Sat  Edit
鉄道博物館でお散歩デジイチ、後編です。
宜しければ前編と併せてお楽しみください。


さて、鉄道博物館を出た後大宮駅まで戻ってきたら雨がすっかり上がっていたので、大宮公園までぶらぶら歩いてみる事に。
とは言え午前中の雨と風で桜はもう散ってしまっただろうなぁ、と、殆ど諦めながらのお散歩でした。

でもね。


桜並木

桜、残っていました。
地面にも花びらいっぱいでしたけど、まだまだしっかり咲いていました。


水面に臨みて何想ふ

雨は止んだとはいえまだまだ風は強く、初めてハイスピード連写を使ってみました。
シャッターを押した瞬間にカシャカシャカシャカシャッ!! ときて少々ビビりましたが、これめっちゃ便利ですね。
望遠レンズで強風で水際でしかも撮影してるの私で、と手ぶれも被写体ぶれも条件揃いまくりの中であっても、ちゃんと撮れちゃうんですから。
普段はじっくり一枚ずつシャッターを切るのが好きですが、時と場合によっては連写もアリだなぁと思いました。


可憐

今年のお花見は本当の本当にこれで最後だな、と思いながら公園内をぐるっと一回り。
雨上がり直後という事もあって人も少なく、のんびりとした気分を味わえました。


手焼きせんべい

帰り道、氷川神社の表参道脇で見付けた手焼きのおせんべい屋さん。
この日はお腹いっぱいだったので外から見るだけにしちゃったんですが、今度は絶対買ってこようと思います。


電車も桜も満喫して、写真も沢山撮って、すごく楽しい一日でした。
そうそう、今月は結構お散歩デジイチ行っているんですけどね、ブログの更新が追いついていないんですよね。
鉄は熱いうちに打てじゃないですけど、記事もホットなうちに書かないとなぁ、と思いながらも中々身体が動かないダメ人間です。


……たぶん飲み会のペースをもう少し減らせばイイんだと思います、それは分かっています。


関連記事
2013.04.20 Sat  Edit
四月の初め、雨と風で大嵐のような天気の中、鉄道博物館にお散歩デジイチ行ってきました。


鉄道博物館

鉄道博物館といえばこの構図(※私の勝手なイメージですけど)
春休み期間ではありましたが、平日という事もあってそれほど混んではいませんでした。
特に一階は決まった順路で進んでいくのではなく興味のある所へ自由に行くという観覧スタイルなので、人の多い所を避けてじっくり見たり写真撮ったりできました。


機関車

一階には本物の機関車や電車がたくさん。
触ったり中に入ったりシートに座ったり、子供も大人も楽しめる展示です。

明治天皇が実際に使用されたという御料車も展示されていましたが、これはガラスが二重になっていて写真が撮り難いだけでなく、目で見る分にも車内の装飾など見難くて残念でした。

ちびっこ達やちびっこのお父さんたちには二十年くらい前の特急電車なんかが人気のようでしたが、私が心惹かれたのはもっと昔、昭和初期あたりの電車たち。


レトロ電車1

レトロ電車2

飴色になった木の質感とか、もうたまりません。
古いんだけど綺麗で、大切にされてきたんだなぁと感じました。
それに昔の電車って、なんとなく品がありますね。


鉄道模型

二階は精巧な模型や実際の電車についていたプレート、切符などの資料が時系列に並べられていて、鉄道の歴史を学べるスペースがありました。
でも年表がすごく高い位置に、しかも小さな文字で書かれていて読み難かったのが残念です。
せっかくだからもう少しみんなに読み易い工夫があったら良かったなぁ。
ただ、文字の資料を見ずに展示品だけ見るのでもかなりの見ごたえはありました。

他に二階にはジオラマ展示もあってすごく心惹かれたんですが……ここだけはずっと混んだいたのと、中を覗いてみたら高い位置の座席から見るスタイルだったのとで、今回は断念しました。
今度行くときはメガネ持っていこう。うん。


電車が特別好きな訳ではありませんが、それでも十分に楽しむ事ができました。
小さなお子さんのいる家族連れが多かったですが、一人で大きなカメラ持ってきてバシバシ写真撮っているおじちゃんやお兄さんも結構多かったです。

ただ、常設展だけで入館料1,000円はちょっと高いかなぁ。
上野あたりの博物館だと常設展600円くらいですもんね。
よっぽど電車好きな人でなければ、一回行ったらもういいかな、という感じです。


さて、なんだかんだ言いつつも鉄道博物館を満喫して、大宮駅でちょっとコーヒー休憩しているうちに嵐のようだった雨がすっかり上がっていました。
まだ時間も早いし、という事でここから地元民にとってはお花見の定番である大宮公園に行ってみる事に。

という訳で、今回のお散歩デジイチも後編に続きます。
前編は鉄っぽい写真が多かったですが、後編は花の写真が多めです。

宜しければそちらもお付き合いください。


関連記事
2013.04.03 Wed  Edit
毎度毎度、ご無沙汰しておりすいません。
やっと新生活にも慣れてきた……と思った矢先にノロウィルスにやられました。
幸い軽いもので、下は全然大丈夫だったんですが上が大変な事になっておりました。何の事かは皆さまのご想像にお任せ致します。

さて、三月の終わり、今日を逃したらもうチャンスはない! と一念発起して、上野公園まで一人お花見に行って参りました。

満開

花玉

生憎の曇り空でしたけど、それでも満開の桜は本当に見事でした。

普段のお散歩デジイチは12mm-50mmの標準ズームレンズ一本で行く事が多いんですが、今回はそれだと 桜のアップが厳しいかなと思ったので45mm-200mmの望遠ズームレンズも追加装備。
お陰様で高い位置にある花も大きく写す事が出来ました。

枝垂桜

花灯篭

清水観音堂横の枝垂桜。
観音堂の周りの桜たちはどれも素晴らしかったです。

弁才天堂、夕景

弁才天堂、夜景

弁才天堂もライトアップされて綺麗だったなぁ。
純和風ではなく、どことなく異国情緒ある感じがすごく好きです。

この日はとにかく寒かったんですが、こんなにじっくりしっかり桜撮れるのは今日しかないし、と夜 まで粘って夜桜も撮ってきました。

夜桜1

夜桜2


夜桜って難しいですね。
本当はもうちょっと妖艶な感じに撮りたかった。

夜桜3


電灯の明かりで浮き立つように咲いていた染井吉野。
この写真が撮れたとき「あ、帰ろう」と思えました。
もっと上手い撮り方もあったと思うし上手な人が撮ればもっともっと綺麗に撮れるんだと思いますが 、自分がイメージする夜桜にはなったかな、と思えたんです。
……ぶっちゃけ寒さで身体が限界でもありましたけど。

それにしても、桜って本当に綺麗ですね。

今回朝から晩までひたすら桜撮っていたんですが、ちっとも飽きませんでした。
どうやって撮ったら綺麗か、どうしたらワンパターンな写真にならないか、考えて考えて試して試し て、多分過去最高シャッター回数だったと思います。

咲き始めも満開も散り際も、全部の瞬間が美しい。
内地の桜は数年ぶりでしたが、たった一日とはいえお腹いっぱいになるまで満喫できました。

今日は春の嵐で雨と風が凄かったので、これでもう今年の桜さん達とはお別れになりそうです。
また来年も、いっぱい感動できたらイイなぁ。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。